競馬は基本ギャンブルです。ですから、投資という言葉はあまりそぐわないと考える人も多いでしょうが、投資的なアプローチによって競馬を行うことを投資競馬といいます。
ギャンブルとは違った発想で馬券を購入し続けていくということが投資競馬の大原則となります。つまりは、競馬で財テクを行っていく、ということになります。
これはまず考えることとしては資金の運用の多様化であり、効率化になります。
では、具体的にどのようにやるのか、ということですがやり方自体は色々とあります。つまりは、ギャンブルとしての競馬、と言う形で楽しむのではなく、それなりに投資的なアプローチでの競馬の買い方ができているのであればそれは成功しているかどうかはともかくとして投資競馬という形になることでしょう。
例えばその方法の一つに複勝ころがしというのがあります。競馬の馬券の買い方というのは色々とあるのですが複勝というのは3位までに入る馬を当てるやり方になります。
何頭立てのレースであるのかということによって違いはありますが3位までに入ればいいということになりますので比較的的中させやすいです。
但し、当てやすいだけに倍率は低くなります。ですが、それを繰り返していくことによって、どんどん資金を増やしていく、という方法があります。
こうしたことも一種の投資競馬となります。或は自動売買のツールを活用するということもあるでしょう。
最近ではAI、機械学習などによってデータを分析していき、買い目を提案してくれる、といったような競馬用のシステムがあったりします。
そのシステムによって良し悪しがあることは確かではありますが、利用してみる価値はあるといえるでしょう。
投資競馬の現在の主流ともいえるのはAIを活用した方法です。これはAIを活用することによって膨大なデータを分析することができるからです。
競馬の良いところとしては厩舎のスタッフでもなければ知らないような情報はともかくとして、その馬に関する様々なレースのデータといったようなものが全て公開されているということです。それこそ細かいことを言ってしまえば調教のデータは何かも手に入れようと思えばいくらでも手に入れられるようになっています。それらを人の目と頭で分析しようとすると厳しいことが多いですがAIなどを活用することによって手軽に分析が可能になってきています。
これからの投資競馬に関しては間違いなくコンピュータを用いることとなるでしょう。